サービス内容

キュービクル保守点検料金の削減

※電気事業法改正以前は、電気保安協会と電気管理者技術者協会の寡占状態でした。

平成7年電気事業法の改正後は経済産業省の承認により

一般業者も参入可能となりました。

その為、

高圧電気設備保守管理の合理化

波及事故等の運用責任の明確化

サービスの向上

価格の適正化

が、見込めるようになりました。

当協会はトップクラスの精鋭技術者集団を目指す組織体として、更なるその体制充実により、高精度の保守点検管理サポート、併せて費用削減をご提供致します。

 

1、精鋭技術者による精緻管理の実現
電気主任技術者35名体制による、より充実したサポートをご提供いたします。

 

2、24時間監視システムによる自動通報システム

監視装置をキュービクル内に設置し、リアルタイムで状況を把握し、センサーが異常を検知した場合、要請を受けた電気主任技術者が緊急応動、復旧に速やかに向かいます。

 

 3、定期点検(月次・年次点検)の結果に基づき適切なアドバイスを行います。
電気主任技術者の点検結果に基づき、改善・改修の必要のある施設について、最適で最良なご提案をさせていただきます。

 

4 適正な点検料金の設定

従来よりも低価格設定の点検料金で、事業者様のコストパフォーマンスを実現致します。

zu nenkan

 

が可能となります。

一般電気事業保安協会

 

 

 

点検実績/沿革

点検実績 沿革
ページ上部へ戻る